アズポスター
東町祭屋台天井絵「鳳凰」図(ホクサイ)

1,760(税込)

88ポイント獲得できます

  • ポスター品番
    :h1518sq
  • 作品詳細
    :サイズ:縦30.5 × 横30.5cm

レビューはまだありません

数量

下記よりポスター/額装をお選び下さい。

この商品について問い合わせる

アイテム説明
葛飾 北斎(葛飾 北齋、かつしか ほくさい。宝暦10年9月23日) フィンセント・ファン・ゴッホなど印象派画壇の海外の芸術家を始め、工芸家や音楽家にも影響を与えています。ドビュッシーの交響詩『海』は北斎の『富嶽三十六景』から発想を得て作曲したといわれています。1999年にはアメリカ合衆国の雑誌『ライフ』の企画「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で、日本人として唯一ランクインしました。北斎は1843(天保14)年に信州小布施で東町祭屋台の天井に龍図と鳳凰図を、2年後に上町(かんまち)祭屋台の天井に『怒涛図 男浪』『怒涛図 女浪』を小布施の人々やその地の豪商・高井鴻山の協力で描きました。当時の小布施周辺の町々では、菜種油などの地場産業に加え、北国街道や中山道との往来を通じて物資や人々が流入して経済が潤い、東町と上町の2基の祭屋台のほか、5基の祭屋台を競って仕立てていたのです。北斎が東町祭屋台に想像上の龍や鳳凰を描いた理由は、唐様建築に残る膨大な絵画や彫刻の中でも龍や鳳凰がダントツに多いという点に起因していると思われます。

こちらのポスターはオフセットプリントになります。オフセットプリント(offset):平板印刷の一種で油(インク)の撥水性を利用した科学的な印刷方法です。版から紙へ直接印刷するのではなく中間転写体を介す為、版や紙への摩擦が少なく印刷できるのが大きな特徴です。正確で鮮明な多色刷りの印刷が可能で、原版からの再現性が高い事から現代のカラー印刷では最も広く使われています。

商品レビュー

レビューはまだありません

レビューを書く

+ 最近チェックしたアイテム